ワークスタイル EXPO 2017 秋

ワークスタイル EXPO 講演一覧

働き方の変革はもはや単なる福利厚生でありません。テクノロジーを活用した生産性の向上や、それを通じて優れた人材の確保を狙うなど、企業の成長を支える「経営戦略」として取り組まれようとしているのです。一方、スマートフォンの高機能化はもちろん、VDIやデータレスPCによるセキュアなワークプレイス環境も整い始めています。技術進化が目覚ましいコミュニケーション/コラボレーションソフトウェアと組み合わせて活用すれば、社員が「時間」と「場所」の制約なく働ける環境を作り上げることができます。その効果は単なる「いつどこワーク」による個人の生産性向上にとどまることなく組織全体にスピードをもたらすでしょう。「ワークスタイル変革」ゾーンでは、デジタル化による働き方を含めた新たな価値づくりについて考えます。

ここがヘンだよ日本人の働き方!
元Google人材開発担当者が語る
今、日本に求められるワークスタイル変革とは

日本の働き方の「常識」は、世界の「非常識」なのでしょうか。
モルガン・スタンレーやGoogleで人材開発に携わった後、イノベーション組織開発を手がけるプロノイア・グループとHRテック企業モティファイのCEOを務めるピョートル・グジバチ氏が日本のワークスタイル変革を斬ります。


ピョートル・フェリークス・グジバチ 氏
(Piotr Feliks Grzywacz)

ポーランド生まれ。ドイツ、オランダ、アメリカで暮らした後、2000年に来日。2002年よりベルリッツにてグローバルビジネスソリューション部門アジアパシフィック責任者を経て、2006年よりモルガン・スタンレーにてラーニング&ディベロップメントヴァイスプレジデント、2011年よりグーグルにて、アジアパシフィックでのピープルディベロップメント、さらに2014年からは、グローバルでのラーニング・ストラテジーに携わり、人材育成と組織開発、リーダーシップ開発などの分野で活躍。

1日の勤務時間、自宅と社内で分ける「分断勤務制度」NTTドコモが導入する狙い

社内で5時間働き、帰宅後に自宅で2時間半働く――というように、1日の勤務時間を分けて働ける「分断勤務制度」を、NTTドコモが10月に導入します。1日の所定勤務時間(7時間半)を満たせば、時間・場所にとらわれず働けるというものです。社内だけ、もしくは自宅だけに「働く場所」を制限する企業がほとんどの中、NTTドコモがこうした取り組みを始めるのには、どんな理由があるのでしょうか。同社の人事制度構築を担当している麻生氏にお話をお聞きします。


株式会社NTTドコモ
人事部
人事制度担当部長
麻生 知章 氏


九州大学 教育学部卒業。
1991年日本電信電話株式会社入社。
2012年NTTドコモ フロント支援センター。
2014年から人事部人事制度担当部長に就任し、人事制度の設計・運用等を担当。

プラチナスポンサー

株式会社IIJグローバルソリューションズ

IIJグローバルソリューションズは、国内外で活躍するお客様ビジネス発展のため、クラウドを活用したビデオ会議やセキュリティサービスなど、課題解決に向けた先進ソリューションを提供します。

Webキャストで解説「働き方改革 ≠ ゆとり労働」

【5分でわかる!】働き方改革は楽に働くことだと勘違いしていませんか?労働生産性と労働資源最大化のポイントを分かりやすくご説明します。働き方改革を何から始めてよいか分からないとお悩みの企業様は必見です!

お客様100名に聞いた働き方改革の為のコラボレーションツール

【100名に聞きました!】働き方改革を推進される方々の課題を踏まえ、コラボレーションツールの選定ポイントを解説。活用シーンや導入事例等コラボレーションの変革を通して働き方改革を実現するヒント満載です!

ヴイエムウェア株式会社
ダイワボウ情報システム株式会社

働き方改革では場所や状況に応じて適切なデバイスを使い分けて仕事を継続することで生産性を向上させます。スマートフォンやタブレットなどデバイスを問わず統合管理できるソリューションをご紹介致します。

VMwareが提供するデジタルワークスペース

Workspace ONEは、シンプルでセキュアなデジタル ワークスペース プラットフォームです。デバイスを問わずにあらゆるアプリケーションの配信と管理ができます。

ゴールドスポンサー

株式会社富士通マーケティング

「経営に革新を 企業に変革を」をコンセプトに、お客様の企業経営に最大限の価値を提供するERPをご紹介します!

お客様のワークスタイルやシステム環境に新しさを提供します

40年以上にわたる実績豊富なGLOVIAブランドから、お客様の「目指す姿を実現する」「やりたい事をカタチにできる」新ERPシリーズGLOVIA iZ新登場!特長など分かりやすくご紹介!

ポリコムジャパン株式会社

もっと簡単に誰とでもコミュニケーションができれば!と思っている方必見!ポリコムなら、いつでも、どこでも、最適なツールでコミュニケーションができます。多様な働き方に合わせながら、生産性を最大化できます!

あなたにとって働くとは?(動画)

ポリコムは人々の働き方をサポートする数多くのソリューションを提供しています。 人を自由にするポリコムのソリューションによりコミュニケーションの輪はさらに広がり、人の働き方そのものを進化させていきます。

どこでも働ける勤務形態に関する調査資料 - 変化する仕事の世界

今日の従業員が期待していることと、働き方が将来どのようになるのかをより理解するために、日本を含む12 カ国の25,234 人を対象に勤務形態について世界的調査を依頼。日本は各国に比べて突出した結果となりました。

シルバースポンサー

株式会社サテライトオフィス

G Suite、Office365、LINE WORKS(ビジネス版LINE)、Workplace by Facebook(ビジネス版Facebook)、Dropboxなどの販売、開発を行っております。ロボット/IoT、サイネージブラウザの開発も行っております。

各種無償トライアル実施中

LINE WORKS、Workplace by Facebook、Dropbox、Cisco Umbrella、Chromebox for meeting、Surface Pro4、など各種無償トライアルが可能です。こちらからお申込み可能です。 https://goo.gl/8lvH4m

ロボホン無償貸出中

展示会受付用にロボホンを無償貸出しております。 ※条件100名以上の展示会+その他条件あり※ぜひ、展示会にお呼びください※

ヤマハ株式会社

働き方改革・テレワークに最適なスピーカーフォンをご紹介しております。

ハドルルームに最適なカメラ付きスピーカーフォン

ヤマハ独自の音声処理技術、さらに広視野角・高解像度HDカメラを搭載した、ビデオサウンドコラボレーションシステム CS-700をご紹介

「Skype for Business」認定モデル

マイクロソフト「Skype for Business」認定モデルYVC-1000MSをご紹介

ソフトバンク株式会社

「働き方改革」のために「会議の改革」は必要不可欠なテーマです。
ソフトバンクが提供する「Skype for Business」と連携可能な会議ソリューションで、「会議の改革」を一緒に実現しませんか。

ビデオ会議をもっと自由に

様々な端末からシームレスに接続するクラウド型ビデオ会議サービス「PrimeMeeting」をご紹介。「Skype for Business」とビデオ会議専用端末の連携も可能、既存資産を有効活用します。

新しいスタイルの電話会議

通信キャリア初の「Skype for Business」 と連携した電話会議サービス「GlobalMeet電話会議」をご紹介。トップクラスの高音質で、世界中から会議につながります。

株式会社テンダ

マニュアル作成も、社員教育も、社内コミュニケーションも全部まとめてクラウドで。仕事は効率よく、できるなら楽しくありたい~そんな思いから生まれたテンダのクラウドインテグレーションサービスをご紹介します。

もうメールでは限界?これからのコミュニケーションのあり方とは

メールよりも“軽い”ツールでありながら、社内外のコミュニケーションをよりスムーズにし、ワークスタイル変革の起爆剤となりうる「ビジネスチャット」について、実際の導入企業での効果を含めて紹介します。

2400社以上の導入実績を持つマニュアル作成の「自動化」ツール

東京証券取引所上場企業の約30%(2016年2月現在)が導入。各種マニュアル作成から、効果的な教育・管理、コンプライアンスの徹底まで、様々なシーンでの業務の効率化と標準化に活用されています。

ニンテックス・ジャパン株式会社

ニンテックスは「ドラッグ&ドロップで簡単に業務プロセスを自動化」するソリューションを提供し、皆様の「働き方改革」の実現を支援します。「仕事のための仕事」を自動化し、日々の業務の生産性向上を実現します。

日々の業務プロセスの自動化が、人々の働き方を進化させます!

業務の自動化をさらに進めることで、デジタルトランスフォーメーションへの移行を促し、皆様のビジネスをより一層の成長へと導きます。

様々な業種・業務で活躍するワークフローをご紹介いたします!

単純な業務から、部門、全社にまたがるプロセスに至るまで業務の流れを容易に自動化することができます。業務効率を改善しているワークフローの自動化に関する事例をご紹介します。

この内容で送信します。よろしいですか?