メカ設計


枠組みにとらわれないモノづくりの実践

主催者講演


テルえもんの3Dモノづくり相談所【VE出張編】


MONOistメカ設計フォーラムに掲載の人気連載「テルえもんの3Dモノづくり相談所」の『ITmedia Virtual EXPO特別バージョン』として、テルえもんこと、筆者の小原照記氏が、自身が所長を務める「いわてデジタルエンジニア育成センター」での経験やノウハウを基に、3D CADや3Dプリンタ、3Dスキャナーをはじめとするデジタルファブリケーションツールを活用した“3Dモノづくり”で直面しがちな現場トラブルあるある、そして、その解決方法や解決のヒントとなるアプローチについて詳しく伝授する。

いわてデジタルエンジニア育成センター
小原 照記 氏

自動車内装部品の設計会社を退職後、3DCADを中核としたデジタルものづくりエンジニアの育成と企業のサポート・導入支援を行っている。岩手県を活動の拠点とし子どもから大人まで幅広く指導し3Dの普及活動に務め、CAEやCAM、3Dプリンタ、3Dスキャナーなど3次元全般に関する技術指導及び企業の相談に対応している。

エンジニアリングチェーンにおけるCAE活用事例と
これからのCAE×AI活用


CAEの操作性、連成CAE解析機能・最適化解析機能の向上。さらにはCAEソフト、PCなどの低価格化や、クラウドおよびスパコンの進展などを背景に、CAEは製造現場の技術者の身近なツールになりつつある。だが、その一方では次のような声も聞こえてくる。「自分が行ったCAEの解析設定が正しいか?」「CAEの結果をどう評価してよいか?」「CAEはどこまで実現象を反映しているか?」――。このような状況を踏まえ、本講演では「1.CAEのメリットとCAE活用に必要なこと」「2.連成解析・加工を考慮した設計CAEの弊社活用事例」「3.AIと融合した今後のCAE活用の考え方と弊社の新たな取り組み体制、状況、今後の進め方」の3つのポイントを取り上げる。

オムロン株式会社 グローバル購買・品質本部
品質技術室 工程品質技術部
技術本部 デジタルデザインセンタ(兼務)
技術専門職 技術士(機械部門)
岡田 浩 氏

・1991年~2004年 機械系CAE社内活用推進、要素技術構築
・要素技術 構造解析:金属製品の疲労寿命予測、残留応力を考慮した性能特性評価。
・ 熱伝導・流体解析・電磁場解析:電子機器の放熱対策。インダクタンス算出。
・活用技術:商品開発プロセス革新活動。CAE教育。(構造、熱伝導・熱応力、樹脂流動)
2005年~2020年3月 新工法実現のための生産技術開発→開発フロントローディング
・樹脂封止・接着工法検討(界面破壊評価)、樹脂成形品のそり軽減策検討。
・生産工法等のCAEによる評価、疲労寿命予測(クリープ解析含む)。
2020年4月~ 上流での製品品質つくりこみと評価、改善。設計・工法の標準化。
2022年4月~ CAE/データ解析/最適化システムを活用した
       新たな設計・生産・品質評価技術構築・人財育成
所属学会等:
機械学会  計算力学部門 運営委員、代議員、
産官学連携推進委員会 副委員長  材料力学部門 他
日本技術士会  機械システム部会、京都技術士会、Net-P.E.Jp
NPO法人“CAE懇話会”関西支部 幹事 http://www.cae21.org/ 
所持資格:
技術士(機械部門)、機械設計技術者(1級)
著書・編集等 :
「設計検討ってどないすんねん!Step1,2」
「塾長秘伝 有限要素法の学び方!」
「解析塾秘伝 CAEを使いこなすために必要な基礎工学!」
「解析塾秘伝 AIとCAEを用いた実用化設計」 など8冊。その他、趣味でSF小説2冊。
ブログ:
1日1問!技術士試験1次、2次択一問題。http://blogs.yahoo.co.jp/netpe1mon
技術士(有志)で、1日1問、技術士試験(機械部門)の択一予想問題を出題中。

出展社紹介


◆ プラチナスポンサー

ソリッドワークス・ジャパン
株式会社

製品開発プロセスのイノベーションとQCDを推進する「SOLIDWORKS」と社内外のコラボレーションをオンラインで実現するクラウド・プラットフォームベースの「3DEXPERIENCE WORKS」で製品開発を変革

6分でわかる、製品開発を変革する3DEXPERIENCE SOLIDWORKSの真価

製品開発プロセスのイノベーションとQCDを推進する「SOLIDWORKS」と社内外のコラボレーションをオンラインで実現するクラウド・プラットフォームベース「3DEXPERIENCE SOLIDWORKS」での製品開発変革のご紹介です。

ユーザが実証!クラウドプラットフォームは本当に使えるのか?

SOLIDWORKSを使いこなした9名のユーザが「デスクトップ環境での課題をプラットフォームの活用でどう解決できるか」に挑んだプロジェクトの全貌!3ヶ月に渡るユーザの実体験と熱きモノづくり魂の成果を公開します。

デル・テクノロジーズ株式会社

高精度なシミュレーションでの解析には、高性能なCPU「AMD EPYC(エピック)」を搭載したサーバーが最適です。欧米製造業での先進Ansysユーザー事例やSDGsへの取り組みなどをご紹介します。

高精度シミュレーション用途での最新サーバーの活用事例ご紹介!

CFD(流体解析)用途にAMD EPYC搭載のPowerEdgeサーバーを採用した欧米製造業の事例を通じ、最新世代サーバーの導入効果を考察します。

CAE解析用途にキャッシュがリッチなサーバー選びを!

Dell PowerEdgeサーバーは、従来の3倍のCPUキャッシュ容量を搭載し、高精度のCAE解析用途に最適な「AMD 3D V-Cache テクノロジー搭載AMD EPYC」をサポートしています。

iCAD株式会社

iCAD社は「機械設計に特化した3次元CAD」を開発しつづけています。独自のCADエンジンにより、機械装置のDXを実現する超大規模性能やメカ・エレキ・制御情報の蓄積と活用についてご紹介します。

機械装置開発におけるDX実現のカギを握る3次元CAD

COLMINA設計製造支援iCAD SXは、設計の上流から製造、保守サービスまで1つのデータでつながり、部門間の情報共有をデジタル環境で円滑に行えるようにすることで、リードタイム短縮に貢献します。

【実機調整期間を50%削減】実機レス制御デバッグで垂直立上げ

COLMINA設計製造支援iCAD SXでは、メカ設計者が定義した3次元データや、動きの情報をそのまま活用し、3次元CADで制御プログラムのデバッグ、リモートメンテナンスを実現します。

◆ ゴールドスポンサー

カールツァイス株式会社

計測用X線CT装置を使った非破壊検査情報を掲載しています。特にバッテリーの品質検査にお悩みの方は必見です!

バッテリーの品質検査にお悩みの方は必見です!

 

車載用バッテリーの非破壊検査の最新情報をWebcastで紹介します。

バッテリーに留まらない非破壊検査装置の導入事例

国内外のさまざまな非破壊検査装置の導入事例を紹介します。

オートデスク株式会社

企画、設計、シミュレーション、ビジュアライゼーション、工場レイアウト、製造。ものづくりのすべてをつなぐ設計DXソリューションをご紹介!

設計自動化の実践的な活用方法

設計やエンジニアリング プロセスをさらに自動化してイノベーションの時間を節約しましょう。

ジェネレーティブ デザインの活用方法

新しいアプローチで性能、生産性、コストを大幅に改善する方法。

株式会社ミスミ

3Dデータまとめて1分見積もり【meviy(メビー)】メビーは、機械部品の見積もり、製造をデジタル化。2D図面の作成から見積もりの取得までの、何十時間もかかる作業を、1分に短縮しました。

【meviy(メビー)】で部品調達の手間と時間を大幅削減!

|メビーの3つの特徴| ①3Dデータをアップロードするだけ!瞬時に見積もりと納期を表示。②製造可否を事前確認!製造できない判定には解説や設計のポイントを提案。③最短1日出荷!

板金加工・マシニング加工に対応。見積もりは何度でも無料!

24時間・365日いつでも!どこからでも!何度でも!ご利用いただけるWEBサービスです。製造に必要な公差や加工情報はブラウザ上でかんたん設定。お見積もり、会員登録は無料です。

◆ シルバースポンサー

株式会社ストラタシス・ジャパン

3Dプリンタは、試作の段階を超えて「治具の内製」「大型部品試作」「量産試作」など、活用範囲が広がっています。コスト削減、開発競争力の強化など、すぐに取り入れたい課題解決の糸口を事例とともにご紹介します。

金属代替として機械加工を補強する「カーボンファイバー」の実力

金属で制作した部品を、カーボンファイバーなどの樹脂に置き換えることで、軽量化、作業安全性確保、コスト削減などにつながり、さらなる利益の追求やサプライチェーン分断によるリスクを低減することができます。

フルカラー造形の実力。限られた時間で製品開発スピードをUP!

限られた時間と予算で、多様化したニーズに対応し製品開発スピードを上げるのは至難の業です。ストラタシスのJシリーズはそんな課題を解決。デザイナーのアイデアをそのままカタチにするモノづくりの強い味方です。

アメテック株式会社
クレアフォーム事業部

Creaformのブースでは、生産現場でのアットライン検査の自動品質管理プロセスにシームレスに統合できる強力で革新的なロボット搭載型光学式CMMスキャナなど、革新的な3Dスキャナー製品をご紹介します。

中小企業にとって導入しやすい協働ロボットによる自動品質管理

Creaformは、3D検査の自動化をより簡単に活用することを可能にするVXscan-Rソフトウェア・モジュールの最新バージョンを発表し、運用にも予算にも柔軟に対応できる革新的機能を搭載いたしました。

HandySCAN 3D SILVERシリーズに青色レーザースキャナーを追加

Creaformは、ブルーレーザー・テクノロジー搭載でさらに高性能となった業界初の製品ラインアップを性能アップにもかかわらず、わずか21,900ドルからご提供。費用対効果の高い3Dスキャナーをご提供します。

お問合せ

ITmedia Virtual EXPO 2022 秋

本イベントに関するお問い合わせは
下記までご連絡くださいませ。


お問合せ先
ITmedia Virtual EXPO 2022 秋 運営事務局
アイティメディア株式会社
E-mail : itmexpo_info@ml.itmedia.co.jp


 

Copyright© 2022 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.