リテール&ロジスティクス サプライチェーン EXPO 2021 秋

あらゆる業界でニューノーマルが叫ばれる中、サプライチェーンの世界でもデジタル化に注目が集まっています。アナログな仕組みが主流だった中でのデジタルトランスフォーメーション(DX)推進には、新たな視点のもとでIoTやAIといった先進技術の採用も必要になります。本EXPOでは、小売(リテール)や物流(ロジスティクス)をはじめ、製造業と関わるサプライチェーンの中でデジタル革新により新たな価値を生み出している分野の最新動向に焦点を当てます。

リテール&ロジスティクス サプライチェーン EXPO 講演一覧

※講演情報は順次更新してまいります。

メーカー企業からファシリティ企業へ リテールAIでスマートストア推進


少子高齢化による労働人口減少によって、人手不足や採用難がスーパーマーケットなどの小売業の現場でも大きな問題となっています。 こうした状況を変革すべく、冷凍冷蔵機器メーカーのフクシマガリレイはIoT/AI技術を小売業界に浸透させて変革を起こすリテールAIプラットフォームプロジェクト「リアイル」に参画しました。 既存の小売から脱却し、リテールAI技術を推進することで、世界に通用するスマートストア開発を目指します。 本講演では欠品検知や人流分析など最新の店舗DXを紹介すると共に、そのインフラ構築やメンテナンスなど普及に向けた当社の取り組みについてご紹介します。

フクシマガリレイ株式会社
専務取締役

福島 豪 氏

フクシマガリレイ株式会社 専務取締役営業本部長 福島豪
(ふくしま・ごう)1977年大阪生まれ。2005年福島工業(現フクシマガリレイ)入社。2010年関西支社大阪営業一部長、2011年執行役員東日本副支社長としてショーケース事業を拡大。2013年常務取締役東日本支社長。2014年専務取締役営業本部長兼東日本支社長。2019年4月から現職。営業本部長として営業部門を統括する。

Preferred Networksにおける物流ロボットとその事業展望


Preferred Networks(PFN)は深層学習を始めとする人工知能技術に強みを持つスタートアップであり、2021年5月14日に物流事業を立ち上げるプレスリリースを発表した。本講演では、人工知能時代におけるロボットビジネスの位置付けと、何故今から物流業界に参入するのか、さらにPFN社内での研究開発の開始から物流事業に至るまでの経緯について紹介する。加えて、現在注力している倉庫向けデパレタイズロボットの概要と、パートナーシッププログラムについても述べる。


株式会社Preferred Networks 
執行役員 インダストリーソリューション担当VP
比戸 将平 氏

2006年京都大学大学院情報学研究科修士修了、同年日本IBM東京基礎研究所に入社、データ解析技術の研究開発に従事。2012年4月にPreferred Infrastructureに入社。2015年1月Preferred Networks AmericaにChief Research Officerとして転籍。2018年1月にPreferred Networks本社へ帰任。同年12月に執行役員 研究開発担当VP、2020年10月より現職。現在、物流事業、データサイエンス事業を中心に担当。

スポンサー

※スポンサー情報は順次更新してまいります。

株式会社オートマティゴ

ICTにより、グリーン(クリーン)テクノロジーとして活用できる分野(サステナビリティ)、労働人口減少に対応する分野(自動化)にフォーカスしソリューションとプロフェショナルサービスを提供いたします。

CO2排出量削減! サステナブルなグローバルSCM

グローバルSCMでのCO2排出量削減とリスクと不確実性への対応が必要とされる中、可視性を向上し意思決定を改善する方策として、マルチエンタープライズコマースネットワークInfor Nexusの事例を交えてご紹介。

世界最大級マルチエンタープライズクラウドコマースネットワーク

グローバル74000社、100兆円のトレードがこのInfor Nexus上でなされています。そしてオートマティゴは2019年に日本初のアライアンスパートナーとして国内でのInfor Nexus導入をご支援しています。

クリックテック・ジャパン株式会社

データ統合、BIプラットフォーム、データリテラシーの3つを軸に、すべての従業員がデータを有効活用して意思決定の質とスピードを向上するデータ主導型企業への転換を支援します。

10分動画:小売業界の3つのトレンドとQlikの活用法

小売業界における最新の3つのトレンドに対して、Qlikのソリューションがどのように役立つのか。また、実際にQlikをご活用いただいているお客様の事例を10分の動画でご紹介します。

4つの方法でデータが小売業界を根本から変える

世界中の小売業者がデータ主導型インサイトを活用し、業務の抜本的変革、顧客体験の刷新、製品およびサービスの再考を進めています。データ主導型の変革を推進する4つの方法をご紹介します。

Blue Yonderジャパン株式会社

サプライチェーンの専門家集団 Blue Yonderは、AI・機械学習を活用したソリューションで、サプライチェーンのデジタル変革や自動化をご支援しています。不確実な時代を乗り切る打ち手をご紹介します。

サプライチェーンの見える化、リスク管理

サプライチェーン全体をリアルタイムで見える化し、起こり得るリスクを未然に予測し、起こってしまった事象に対しても迅速な対応を支援するソリューションを、スエズ運河座礁事故での活用事例と共にご紹介します。

サステイナブル・サプライチェーン(SCS)

コロナ禍においても持続可能性の追求は待ったなしの状況です。カーボンフットプリントや廃棄削減、輸配送ルート最適化の見える化により、サステイナブルなサプライチェーンの実現をサポートする施策をご紹介します。

日本ガイシ株式会社

超小型のリチウムイオン電池「エナセラ」が、物流のスマート化を実現します。省令改正が近付き、注目が高まる無線給電技術や、最新の環境発電技術との融合により、電源のメンテナンスフリー化が可能です。

解決策は電池にあり! スマート物流を実現する3つのポイント

エナセラが貨物の「動き」「情報」を見える化し、物流の「新たな価値創出」を叶えます。ルネサスエレクトロニクス様や、ローム・ラピステクノロジー様との協業によるGPSトラッカーや通信ロガーを★初出展★

セラミックスが拓く未来~蓄電デバイスが実現するIoT社会

BSフジの科学ドキュメンタリー番組「ガリレオX」で、エナセラを活用した電源ソリューションについて特集されました。物流の品質管理の高度化や効率化に資するRFIDタグなどの事例を紹介します。

株式会社スタディスト

Teachme Bizは国内で最も選ばれているマニュアル作成・共有システムです。企業規模や利用シーンを問わず業務効率化・人材育成に貢献しています。

満足度No.1!マニュアル作成・共有システム「Teachme Biz」

Teachme Bizは国内で最も選ばれているマニュアル作成・共有システムです。企業規模や利用シーンを問わず業務効率化に貢献しています。小売・飲食・製造・物流から金融まで業種業界を問わず利用率No.1。

ITmedia Virtual EXPO 2021 秋

本イベントに関するお問い合わせは
下記までご連絡くださいませ。

 


 お問い合わせ先
ITmedia Virtual EXPO 2021 秋 運営事務局
アイティメディア株式会社
E-mail : apply_expo@ml.itmedia.co.jp
 


 

Copyright© 2021 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.