CASE・自動車 EXPO 2021 秋

自動車業界は100年に1度ともいわれる大きな変化の最中にあります。その変化は、通信技術や電子制御技術の進化、所有する以外の使い方によってもたらされます。ダイムラーが2016年にConnected(コネクテッド)、Autonomous(自動運転)、Sharing/Service(シェアリングやサービス)、Electric(電動化)の頭文字をとって「CASE」と呼んだのが数年後の今日でも定着しているほど、自動車業界の内外で重要な技術トレンドとして認識されています。本EXPOでは、「CASE」に深くかかわる動向や取り組みを紹介します。

CASE・自動車 EXPO 講演一覧

※講演情報は順次更新してまいります。

このままでは衰退!日本の自動車産業の生き残る道は?


米国の新ZEV規制、欧州のCO2規制、LCA規制、中国のNEV規制など海外にて次々と新たな環境規制が実施され、受け身であった日本の自動車産業は窮地に陥っています。それは取りも直さず、自動車産業一本足打法であった日本の産業にも大きな影響を及ぼそうとしています。このように環境が激変する中、日本の自動車産業はどのような生き残り策を図ることが望ましいのでしょうか。自動車メーカー、自動車部品メーカー、電気・電子メーカーなどの変革にご支援をさせていただいた筆者が、今後どのような生き残り策を考えなければならないのか等、考えをご紹介いたします。

株式会社 日本電動化研究所 
代表取締役 
和田 憲一郎 氏

 

日本初のe-mobilityコンサルタント。三菱自動車に入社後、主に内装設計を担当。開発車種はギャラン、FTO,米国生産のエクリプスなど。2005年に新世代電気自動車の開発責任者に任命され、正式プロジェクト発足後、新世代電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」のプロジェクト・マネージャーに就任。2010年より本社にてCHAdeMO協議会など、EV充電インフラビジネスを牽引。2013年4月独立。株式会社 日本電動化研究所を設立し、現職。 新聞・メディアに数多くコラムを寄稿しており、MONOist「和田憲一郎の電動化新時代!」など多数のコラムを連載中。「一般社団法人 自動車100年塾」代表理事も務める。著書に『成功する新商品開発プロジェクトのすすめ方』(同文舘出版)がある。

スポンサー

※スポンサー情報は順次更新してまいります。

テレダイン・レクロイ

テレダイン・レクロイは、オシロスコープとプロトコル・アナライザのリーディング・カンパニーです。製品を用いた試験/計測ソリューションを幅広い産業に提供しています。

車載システムの解析/デバッグをトータルでサポート

テレダイン・レクロイのデジタル・オシロスコープは、広範なオプションにより、電子化が進む車載システムの解析/デバッグをトータルでサポートします。

【ご自由に視聴/ダウンロード!】 セミナー動画/技術資料

●GaNデバイスを採用した48V系電源の正しい測定&評価方法 ●車載イーサネット・テストのエキスパートになるために ●パワーモータ・ドライブの基礎入門書 モータ・ドライブ読本 他

アーム株式会社

【未来の自律動作型システムへ、安全機能を拡充したソリューション】性能、効率、安全性を高レベルで実現し、車載や産業機器の多種多様な用途に柔軟に対応するテクノロジー。ガイド、技術資料、事例など多数展示!

自動車業界向け―効率性、拡張性、安全性を高めたプロセッサ技術

自動運転、ソフトウェア定義車、ユニークな車内体験を実現するプロセッサIP、ツール、ソフトウェアソリューションを提供。ソフトウェア定義のヘテロジニアス・コンピューティング・ソリューションを実現します。

【導入事例】Armパートナーによる自動車イノベーション

日産自動車をはじめ、世界のArmパートナーによって生み出されている先進運転支援システム、自動運転車、インフォテイメント、パワートレイン、リアルタイム制御技術など多数掲載!

NOK株式会社

電動車に求められるニーズ(アルミ腐食対策、難燃性、静粛性、低燃費・低電費、CASE等)に対応したシール部品、防振ゴム、FPC(フレキシブルプリント基板)等の製品・技術をご紹介いたします。

これからの自動車、e-Mobilityに貢献できる製品を紹介

エンジン、電制駆動モジュール、トランスミッション、バッテリー、CASEの5つのテーマでNOK製品が今後どのように使われてゆくかをご紹介します。

電動車に求められる更なる静音空間の創造に貢献

騒音評価解析をはじめとした多岐にわたる防振・防音技術から、電動・電装ユニットの作動音の伝播を抑制する等、電動車に求められる最適なNVHソリューションをご提供いたします。

ITmedia Virtual EXPO 2021 秋

本イベントに関するお問い合わせは
下記までご連絡くださいませ。

 


 お問い合わせ先
ITmedia Virtual EXPO 2021 秋 運営事務局
アイティメディア株式会社
E-mail : apply_expo@ml.itmedia.co.jp
 


 

Copyright© 2021 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.