Building × IT EXPO 2020 春

まずはボタンをクリックしてお申込みください

Building × IT EXPO 講演一覧

建設業界では、入職者の減少や熟練技術者・技能者の高齢化による次世代の担い手確保をはじめ、3Kのイメージから脱却した働き方改革、2025年に2割の生産性向上を掲げる国の施策i-Constructionなど、将来を見据えた取り組みが急務となっている。そのため、解決策となる3次元データ、IoT、AI、ロボット、XRなど最先端テクノロジーには必然的に注目が集まっている。今展では、建築・土木の業界が抱える課題を、最新のテクノロジーで解決するデジタル変革(DX)の最前線を紹介する。

メルセデス・ベンツ日本と竹中工務店のコラボショップ「EQ House」から読み解く、次世代建築のカタチ

六本木で2019年3月に、メルセデス・ベンツ日本と竹中工務店のコラボで生まれた2年間限定ショップ「EQ House」が話題を集めている。竹中工務店は、Architecture(建築)とギリシア語のPhilia(友情/親愛)の造語「Archphilia」をEQ Houseのコンセプトに掲げ、外装パネルのコンピュテーショナルデザイン、ウェアラブルデバイスの導入、AI搭載のビル設備システムなど、最先端の技術を随所に採り入れている。プロジェクトを統括した花岡郁哉氏に、「デジタルデザインビルド」の試みを解説してもらい、近未来の建築ビジョンを語ってもらう。


株式会社竹中工務店
東京本店 設計部
アドバンスト デザイン グループ長 
花岡 郁哉 氏

「建設ITジャーナリストが聞く!新潟の小柳建設がHoloLens 2で構想する4D設計・施工」

本講演では、建設ITジャーナリスト・家入龍太氏をモデレータ―に、小柳建設 代表取締役社長・小柳卓蔵氏をゲストに招き、日本マイクロソフトとの協業から生まれた「Holostruction」の取り組みを最新事例を交えながらご紹介する。 両者の対談から、大手ではない地方に根差した総合建設業がMR技術を導入するに至ったきっかけや3次元に「時間軸」を加えた4次元MRの有効性、リリースされたばかりの「HoloLens 2」の可能性などを探る。


小柳建設株式会社
代表取締役社長
小柳 卓蔵 氏

株式会社イエイリ・ラボ 
代表取締役
家入 龍太 氏

Building x IT EXPOスポンサー

ダッソー・システムズ株式会社

ダッソー・システムズは長年製造業でPLMソリューションを提供してきました。その蓄積した技術を活かし、建築・建設業界および施主に対してBIM Level3とスマートシティのソリューションを提供します。

3Dを活用したバーチャル都市計画と土木事業の設計と建設

土木事業におけるBIM/CIMを活用した3Dによる設計・施工の実際と、都市の様々な情報を統合するバーチャル都市により、どのようにサステナブルな都市の将来計画を作成するかを紹介します。

ジェネレティブデザインとプリファブリケーションによる建築

テンプレートをベースとした高度なパラメトリック技術と継続的な3Dモデルの運用により、建築の設計・施工の品質、工期、予算を適正に管理するインダストリー・ソリューション・エクスペリエンスを紹介します。

まずはボタンをクリックしてお申込みください