Building × IT EXPO 2020 秋

まずはボタンをクリックしてお申込みください

Building × IT EXPO 講演一覧

建設業界では、熟練技術者・技能者の高齢化や入職者の減少による次世代の担い手確保をはじめ、3Kのイメージから脱却した働き方改革、2025年に2割の生産性向上を掲げる国の施策“i-Construction”、さらにはwith/afterコロナ時代の現場管理やリモートワーク普及に伴うオフィス空間の在り方など、将来を見据えた取り組みが急務となっている。そのため、解決の糸口とされるBIM/CIMといった3次元データやIoT、AI、ロボット、XRなどの利活用には誰もが注目している。今展では、建築・土木の業界が抱える問題をテクノロジーで解消するデジタル変革(DX)の最前線を多面的な角度から紹介する。

建設ITジャーナリストが聞く「鹿島スマート生産の最前線」

日本初となる建物の全フェーズでのBIM活用をはじめ、VR/AR、気流シミュレーションなど、最新のデジタル技術を多数採り入れ、建築領域での“デジタルツイン”を具現化させた鹿島建設。建築の生産プロセスを変革する「鹿島スマート生産ビジョン」を掲げ、業界の担い手不足解消や働き方改革を実現すべく、「作業の半分はロボットと」「管理の半分は遠隔で」「全てのプロセスをデジタルに」のコンセプトで、建築現場でのデジタルトランスフォーメーション(DX)を全社で推進している。鹿島スマート生産の全貌を、建設ITジャーナリスト・家入龍太氏が独占インタビューから探った。


鹿島建設株式会社
建築管理本部 建築技術部
技術企画グループ グループ長(担当部長)
柳田 克巳 氏

株式会社イエイリ・ラボ 
代表取締役

家入 龍太 氏

デジファブで実現する“withコロナ時代”の建築モノづくり

現場第一主義が根強く、働き方や新技術などの変革が難しいとされる建設業界――。そうした中、デジタルファブリケーションで建築の常識を根本から覆そうとするスタートアップ企業が現れた。SDレビュー入選(2018、2019)、Under 35 Architects exhibition Gold Medal賞(2019)など、有望な若手建築家に与えられる数々の賞を受賞した秋吉浩気氏率いる建築家集団「VUILD」がそれだ。2020年5月には、在宅での建築モノづくりをコンセプトにした「EMARF 3.0」を発表。まさにいま必要なwithコロナ時代の新たな建築の可能性を示している。本講演では、既存建築の殻を破るVUILDの果敢な挑戦を、秋吉氏自身が余すことなく紹介する。


VUILD株式会社
代表取締役
秋吉 浩気 氏

Building x IT EXPOスポンサー

株式会社WorldLink & Company

ドローンによる高精度測量システムや、取得したデータを3次元化し時系列で取り扱うことが出来る土木、建築、施設点検などの産業分野に向けたクラウド型プラットフォームなどご提案。セミナー動画もご覧頂けます。

DXに繋ぐ3D地理空間情報プラットフォーム4DLinkCAN

従来、3D地理空間情報のデータ活用はオフィスの内と外で情報の分断がありました。4DLinkが提供するマルチプラットフォーム、マルチデバイスが、いつでも!どこでも!だれとでも!の新スタイルを提案します。

ドローンによる生産性向上を実現する高精度測量システムとは?

国交省の管理要領にも準拠し標定点設置を削減しながらも±3cmの精度を得られる写真測量システムKLAU PPKをご紹介。公共工事を含む様々な現場において大幅な生産性の向上が期待できます。

東芝情報システム株式会社

クラウドサービス・業種ソリューション・業務ソリューション・統合IT基盤の4つのソリューション事業を軸とし、お客様の課題やニーズに合わせた、最適なソリューションを提供します。

来訪者の持込機器と体温を測定 テナント対応受付管理システム

QRコードを用いたスムーズな受付業務をサポート!スムーズな受付処理に加え、パソコンなどの持込機器の管理、訪問者の体温管理を実現します。テナント対応でビル入居者へのサービス向上にも最適です。

ウェアラブルグラスによる映像共有と手ぶら操作で現場作業を支援

ビデオ通話や映像共有による遠隔地サポートや音声によるハンズフリー操作で、ビル・住宅のフィールド保守に対する人材不足や技術継承問題に有用なソリューションを紹介

日本ユニシス株式会社

インフラ老朽化、人材不足、熟練技術者の高齢化等かつてない社会問題に直面しています。日本ユニシスはIoT・AI技術の活用によりこれらの問題を改善し様々な業種における働き方や生産性の変革と成長を後押しします。

ビル・マンションなどの設備点検作業を50%削減!

少子高齢化の影響による労働力不足で、ビルやマンションの設備点検への影響が懸念されています。「まるっと点検」は、IoTセンサー、IoTデバイス、AIによって点検作業の生産性を大幅に改善するサービスです。

橋梁劣化をAIが自動判定!

インフラ老朽化、技術者の減少、人口(税収)の減少などの社会的な課題を解決し、橋梁の安全性を確保する「Dr.Bridge」。専門技術者が不足するなか、誰でも診断ができる革新的なサービスが誕生しました。

株式会社マクニカ

ビルディングや工場向けにトイレ在室モニタリング、振動診断モニタリング、感染症対策など、作業効率化につながるIoTや、付加価値向上につながるIoT、最新テクノロジーのご紹介をいたします。

マクニカが、アイディアからのモノづくりをサポートします。

独自のアイディアの製品化を支援します。課題や価値向上など、オリジナル製品やIoT化で実現してみませんか。どこに頼んでよいかご不安なお客様、社内に技術部門がないお客様もお気軽にご相談ください。

ビルディング、工場向けLPWAトータルソリューション

マクニカネットワークスのIoTソリューンでは、ビルディングや工場向けにLPWAのデバイスからネットワーク機器、および、見える化のアプリケーションまでそろえてご提供しております。

日本インターグラフ株式会社

DXが建設業界にもたらす様々な変化とその対応をご紹介します。建設業界が直面するビジネス上の課題を改善するために国内外の主要企業はどのように取り組んでいるかご覧ください。

DXが建設業界にもたらす変革

この数か月を経て多くの企業であらゆる業務が見直され建設業にも様々な変化がもたらされようとしています。それらの変化にどのように取り組むべきか調査レポートやeブックでご紹介します。

建設工事のコストと出来高を見える化

建設工事のパフォーマンスをリアルタイムで可視化し改善する手法をWebキャストでご紹介します。工事の進捗に合わせて日々刻々と変わるコストや出来高の状況を確認することで工事の赤字化を回避します。

富士フイルム株式会社

BIMやCAD、検査・測定等で創出される膨大なデータ。大容量データを低コストに効率的に管理する最新方法をご紹介!技術の進歩で、ストレージの中で低コストかつ大容量、高信頼と言われる磁気テープストレージとは?

ホワイトペーパー:Googleが磁気テープを採用する理由とは?

Googleのテープ採用事例から見るデータ保管の在り方をご説明いたします。

ホワイトペーパー:テープストレージとHDDの比較メリット

知られざるテープストレージの実力とは?HDDと比較し簡潔にご説明いたします。

エプソンダイレクト株式会社

BIM/CIM、CAD設計はじめ、クリエイティブ業務に適したハイパフォーマンスPCを紹介します。また、その他各種業務用途に適した製品ライナップもご覧いただけます。

CAD設計モデル ラインアップのご案内

CAD設計モデルのデスクトップPCは、OpenGL系に適したNVIDIA Quadroシリーズを標準搭載。建設、機械設計、3D CADなどで幅広く使われるAutodesk製品が安定して動作します。

エプソンのPCご紹介 ~こだわりと全ラインアップ~

エプソンのPCは、耐久性・信頼性のある製品作りに加え、万が一故障の際にもダウンタイムを最小限に抑える<1日修理>のサービスなど、「品質」と「サポート」で現場を支えます。ぜひ詳しくご覧ください。

株式会社ビーティス

ニューノーマルの建設現場をITでご支援!ユニリタグループでは、建設現場の勤怠管理から現場-詰所-本社間のスムーズな情報連携、地域住民へのコミュニケーション向上をトータル的にご支援します。

ニューノーマルの建設現場の1日ショートムービー

朝の入場から退場までの建設現場の1日を紹介。勤怠管理の業務効率化、現場-詰所-本社とのスムーズな情報連携を可能にするソリューションを各シーンでご提案。ニューノーマルの建設現場をITでご支援します!

建設現場のニューノーマルの4つのポイント

ユニリタグループが提案する建設現場のニューノーマルの4つのポイントをご紹介。現場の各シーンで発生する運用面における課題を解決!

株式会社アウトソーシングテクノロジー

建設・不動産業界における遠隔支援・現場作業のデジタル化を実現するMR〈Mixed Reality〉を活用したDXプラットフォームをご提供します。3D空間の可視化・デジタル化で現場作業の生産性改革を。

建設・不動産業界特化「外壁検査」の生産性改革にMRを活用

マンションのタイル打診検査に国内で初めてMixed Realityを活用。今年7月、長谷工グループとアウトソーシングテクノロジーが、日本マイクロソフトと連携し開発した「AR匠RESIDENCE」をご紹介。

建設現場の「遠隔支援」「デジタル化」を実現する【AR匠】

AR匠は、MR技術を活用して作業現場の生産性を向上するDXプラットフォーム。遠隔支援だけでなく、精密な3Dモデリングや作業記録、追跡などあらゆる業務をデジタル化。アドオンにより機能を拡張できます。

SB C&S株式会社

建築設計からビジュアライゼーション、維持管理と、これからの建築業界に求められる素晴らしいソリューションを展示しています。今後の御社業務にお役立ていただくために、是非とも弊社ブースにお立ち寄りください。

『BIMについて』と、『必要な設計ツールとは』

誰もが耳にした事のある『BIM』。今更聞けない・・なんて方いませんか?その内容、これからの事と共にここにあります。あわせてBIM対応の設計ツール決定版をご紹介いたします。是非ともお見逃しなく!!

『建築ビジュアライゼーション』と『維持管理を意識した設計』

もう、単純な静止画のみの提供では満足いかない!そんなお客様が増えていませんか?「建築ビジュアライゼーション」の最新トレンドと、設計から維持管理まで見据える時代が到来!その対応手法についてをご紹介!

まずはボタンをクリックしてお申込みください