メカ設計 EXPO 2019 秋

メカ設計 EXPO 講演一覧

3D CADによるモデリングやCAE、3Dプリンタの活用、そして設計環境のクラウド化など、設計者を取り巻く環境は刻々と変化している。これらツールを使いこなしながら、品質の高い、価値ある製品を開発するためにはどうすればよいか。設計、開発現場で課題を抱えている多くの方々に向け、新たなモノづくりの在り方を提案する。

既成概念を打ち破る 「WHILL」のデザイン思想

全ての人の移動を楽しくスマートにする――。パーソナルモビリティ「WHILL」のデザインにフォーカスし、誰もが乗りたいと思えるパーソナルモビリティの実現に向けて追求したデザイン思想や、デザインを設計、実機に落とし込む際のチャレンジについて、歴代「WHILL」の変遷を踏まえながら解説する。


WHILL(ウィル)株式会社
車両開発部
部長
平田 泰大 氏

オーストラリア3000kmを疾走―「BWSC」初優勝を目指す工学院大学ソーラーチームの挑戦 チーム監督と学生にインタビュー

「2019 Bridgestone World Solar Challenge」(2019年10月13~20日、オーストラリア)は、オーストラリア北部のダーウィンから南部のアデレードまでの公道3021kmを約5日間で走破する世界最高峰のソーラーカーレース。世界24カ国から53の学生チームが挑む。設立10周年を迎えた工学院大学ソーラーチームは悲願の初優勝を目指し、「ストイックに勝ちを狙ったマシン」である2019年度マシン“Eagle”を開発しました。チーム監督や学生キャプテンに、レースにかける思いや車両の特徴、開発の工夫ポイントなどを聞きました。(仮)


工学院大学ソーラーチーム監督
濱根 洋人 氏
(工学院大学工学部機械システム工学科教授

学生キャプテン
尾崎 大典 氏


 

車両設計担当
相原 創治 氏

【PR】3社特別合同企画

3D CADベンダー3社が語る!変化の時代に生き残れる未来の設計者像

モノづくりを取り巻く環境は劇的に変化している。これまで日本が得意としてきた高品質を売りとしたモノづくりだけでは、新興国やスタートアップ企業の勢いに飲み込まれてしまう。日本の製造業が生き残るためには既成概念を打ち壊し、よりスピーディーで、よりイノベーティブな製品開発を実現できる環境が不可欠であり、設計者自身もそうした環境に合わせて“変化”しなければならない。
本企画では3D CADベンダー3社を招き、現場が直面している課題、そしてその背景にある問題点を浮き彫りにし、それに対する各社の見解や解決策、そして未来の設計者像について語っていただく。


オートデスク株式会社
製造業ビジネス戦略&マーケティング部
Fusion 360 エヴァンジェリスト
藤村 祐爾 氏

ソリッドワークス・ジャパン株式会社
シニアプロダクトポートポートフォリオマネージャー
大澤 美保 氏

PTCジャパン株式会社
製品技術事業部 CAD技術本部 本部長
財前 紀行 氏

LIVEセッション

ものづくりソリューションならオートデスク~ 図面とのコラボ、大規模アセンブリ、解析、ジェネレーティブデザインなど、ものづくりに役立つソリューションを徹底解説

配信日時:2019年9月10日(火) 13:00~14:30

今お使いの2D CAD に 3D CAD の必要な機能だけを追加して、業務効率化を目指すことが可能です。本オンラインセミナーで、2D CAD をお使いの企業様が、業務効率を上げるための具体的な施策を伝授いたします。セッション後半では、CAD/CAM/CAE を一つのプラットフォームでつなぎ、話題のジェネレーティブデザイン機能をご提供する、Fusion 360 をご紹介します。

オートデスク株式会社
技術営業本部
テクニカルセールス スペシャリスト
清水 元 氏

プラスチック製造メーカーにて射出成形技能士として現場を経験した後、大手樹脂流動解析ソフトウェアベンダーにてエンジニアとして勤務。
現在はCAD/CAM/CAEの知識や自身の経験を活かして主に製造関連企業に対する業務改善の提案に従事している。


オートデスク株式会社
製造業ビジネス戦略&マーケティング部
Fusion 360 テクニカルスペシャリスト
関屋 多門 氏

カリフォルニアの美大を卒業後プロダクトデ ザイナーとして従事、その後Alias 株式会社を経て、オートデスクの技術営業本部テクニカルスペシャリストとしてデザイン CAD、ビジュアライゼーションソフトウェアを担当、現在はFusion 360 担当テクニカルスペシャリストを楽しんでいる。

製品開発のあらゆる工程で、VR技術による効率化を 試作レスを実現するVRソリューション 産業用リアルタイムアセンブリーシミュレーター  IC.IDO LIVE セミナー

配信日時:2019年9月11日(水)
第一部 14:00~
第二部 14:45~
※第一部/第二部ともに、講演内容は同一となります。

欧州の研究機関Fraunhoferと独自動車OEMのコンソーシアムにより開発されたIC.IDOは、フィンガー・ハンド/ボディトラッキング機能の導入により試作領域での活用が進んでいます。また、高性能で安価なHMDの出現はIC.IDOの利用を開発上流へと押し上げ、設計領域における検証へと広がりを見せています。セッションでは動画を交えながらIC.IDOの概要を紹介し、試作レスに向けた可能性を示します。


日本イーエスアイ株式会社
技術本部長
新関 浩 氏

プラチナスポンサー

ソリッドワークス・ジャパン株式会社

SOLIDWORKSは国内TOPシェア48.6%。全世界600万以上の設計者様が使用する3次元CADツールです。なぜお客様に選んで頂けるのか、モデリングだけでなく資産としての3次元CAD活用の世界を様々なコンテンツでご紹介

CADツール切替のポイントを冊子とウェビナーでご紹介

SOLIDWORKSを設計製造の支柱に据えることが ビジネスにもたらす5つのメリットと、他社CADとの併用・統合でデータ変換の手間を削減する方法を20分のWebセミナーでご紹介します。

コラム『設計者の視点』

設計者の視点からみたものづくりの未来を 違う角度から見つめるオリジナルコラム。弊社技術者が様々な現場の視点を盛り込み毎月掲載しています。今回は弊社ブースにて初公開!

ゴールドスポンサー

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア (旧シーメンスPLMソフトウェア)

次世代の自動車には次世代の設計手法を!設計と検証の統合でイノベーションの壁を取り払う。電気・機械設計用単一プラットフォーム、初期段階の検証、意思決定の迅速化と納期短縮、設計最適化や軽量化等提案します。

ウェビナー: 次世代の自動車に必要な次世代の設計手法をご紹介

次世代の自動車には、電気・電子設計と機械設計の結合、モデリング環境の向上、ジェネレーティブ・デザインやAMなどの新たな設計、ARやVRによる没入型環境などを実現する部門横断型ツールが必要です。

次世代の自動車の設計手法に関しさまざまなドキュメントをご提供

次世代の自動車の設計手法に関する技術白書や事例ビデオの他、CFDに特化したマルチフィジックス・シミュレーションや、エンジニアリング設計空間の探査プロセス自動・加速化ソリューションの資料も提供します。

カールツァイス株式会社

IoT、アディティブマニュファクチャリングをキーワードに、自動車ほか工業製品の最新測定技術と測定データ管理手法を導入事例を交えてご紹介します。

金属3Dプリンタ - 材料から造形物の検査-

金属3Dプリンタの造形物に対するソリューションを製造工程別にご紹介します。発展の著しいアディティブマニュファクチャリング業界における弊社製品の活用事例をご覧ください。

自動車まるごと測定ソリューション

自動車ボデー、プレス部品の3次元測定、外観検査、測定データの統合管理について、インラインでの導入事例を交えてご紹介します。

オートデスク株式会社

今と未来のものづくりのためのソフトウェアメーカー

2D CAD ユーザーにとっての 3D CAD とは?

AutoCAD と Inventor を使用することで、手作業にかかる時間を削減し、後工程でも 3D モデルを活用することができます。ライブキャスト(9月10日配信)で詳しくご説明する他、当ブースで eBook を公開しています。

GENERAL MOTORS社:デザインにおける創造的破壊

AIやジェネレーティブデザイン、積層造形を活用すれば、設計から製造まで包括的な最適化を実現できます。当ブースでは、Webcast「ものづくりの未来」でご紹介したGM社の事例の詳細をご覧いただけます。

シルバースポンサー

ローランド ディー.ジー.株式会社

切削加工機による試作や治具製作から、UVプリンターによる加飾まで、導入事例や製品の活用方法をご紹介。各製品の特長や利点を紹介し、当社ならではの「ものづくり」を提案します。

見た目のリアルさだけでなく触感をも再現

多様な素材や形状に色鮮やかなグラフィックや立体的な特殊印刷ができるフラットベッド方式のUVプリンター。はじめてUVプリンターを使う方でも手軽に使える快適な操作性を実現。

モデルや治具の製作が、これまでにないほど簡単に

「MODELA MDX-50」は、さまざまな樹脂素材に対応し、最終製品と同じ素材を切削可能。さらに、高精度な切削で曲面まで美しく仕上げられるため、リアルな試作で細部のデザインチェックや構造検証が可能。

テュフズードジャパン株式会社

テュフズードは、安全、安心、かつ持続可能なソリューションを提供し、信頼されるパートナーであり続けています。

新たな価値、さらなる信頼

テュフズードは、1866年以来、高品質、安全性、持続可能なソリューションを提供する世界的プロバイダーです。お客様とのパートナーシップに加え、新しい技術や革新への信頼を世界に広めてきた実績があります。

ワンストップ・ソリューションズ・プロバイダー

当社では、テスト、製品認証、検査、審査・監査、システム認証、トレーニングを専門分野としております。多くの専門分野にわたるエキスパート、幅広い業界において非常に経験豊かで深い専門知識を有しております。

アンドール株式会社

図面を最大限に活用するエンジニア必見です!
図面から3D設計・自動検査表作成システムなど、国産CADメーカーならではの使いやすさを追求したシステムやカスタマイズ事例を展示しています。

驚くほど簡単!図面から3Dモデリング

図面資産を活用したモデリングができる2D/3D連携システムです。3D設計検証、一括展開図作成、2D設計専用機能、データ管理機能もオールインワン!

検査工程を一気に効率化!図面から一括検査表作成

図面内に記載されている寸法や公差情報を一括で自動取込みし、検査表を作成するシステムです。普通公差やはめあい記号も自動抽出でき、必要であれば御社専用のカスタマイズも行います。

日本イーエスアイ株式会社

ESIのVRシステム・IC.IDOは、ダイムラー・ルノー・エアバス・キャタピラー他、幅広い産業のものづくりを支援しています。世界の製造現場でどのように活用されているのか?コンテンツにてご紹介。

製造現場に特化したIC.IDOのユーザー事例

IC.IDOは、1990年、独Fraunhofer研究機構と自動車OEM等により製造業向けに開発され、常に現場の声と共にある「現場のためのVR」。世界各国で使用されるIC.IDOのユーザー事例を紹介。

VRによる仮想検証を動画で体感!

早期設計段階でのVR活用により、製造工程の効率化、コスト削減、品質向上が可能です。モノを掴む・動かすなど、作業者目線で組立て・組付け検証が可能な、製造現場のためのVR・IC.IDOを紹介します。