Building × IT EXPO 2019 秋

Building × IT EXPO Specialキャンペーン実施中
~通常キャンペーンとのWチャンス~

Building × IT EXPO 講演一覧

建設業界では、入職者の減少や熟練技術者・技能者の高齢化による次世代の担い手確保をはじめ、3Kイメージから脱却した働き方改革、2025年に2割の目標を掲げる生産性向上など、将来を見据えた取り組みが急務となっている。そのため、解決策となる3次元データ、IoT、AI、ロボット、XRなど最先端テクノロジーには必然的に注目が集まっている。今展では、設計・施工・維持管理のライフサイクル全体で重要なカギとなるBIM(Building Information Modeling)を中心に、建設業が抱える課題を最新のテクノロジーで解決するデジタル変革(DX)最前線を紹介する。

徹底解説!“10兆円企業”を目指す大和ハウス工業の成長基盤「D's BIM」

2055年に売上高10兆円企業を目指す大和ハウス工業は、成長戦略の重点施策として独自のBIM推進に全社を挙げて取り組んでいます。これまでに、パートナーシップを結んでいるオートデスクのRevitで作成したモデルで建築確認申請や設計と自社の住宅工場とのBIMデータ連携などに成功。2020年には“全物件のBIM移行”を目標とする大和ハウス工業の挑戦を余すことなく解説します。


大和ハウス工業株式会社
技術本部 BIM推進部 部長
芳中 勝清 氏

「隈研吾建築都市設計事務所」が挑む“ジェネレーティブデザイン”で描く設計の未来図

隈研吾建築都市設計事務所では、最先端の設計手法「ジェネレ―ティブデザイン」に取り組んでいる。これまでに手掛けた 3D モデルで木組みの設計検討などを行った大宰府のスターバックスやサニーヒルズなどの隈研吾氏の特徴でもある自然素材を生かした特徴的な事例をご紹介いただくとともに、3次元の先にある設計のビジョンとして、2017/2019 ハッカソンでのジェネレーティブデザインの試みもご解説いただき、これからの可能性を探る講演です。


隈研吾建築都市設計事務所
設計室長
松長 知宏 氏

シルバースポンサー

Tenable Network Security Japan株式会社

Tenableはデジタルトランスフォーメーション時代に即したIT/IoT/OTをカバーする機械学習を利用した優先予測脆弱性対応・アセットの把握を包括的に管理できるプラットフォームを提供しています。

IT/OTリスクの一元管理

DXによりITと運用・制御技術(OT)の境界線があいまいになっています。Tenbleはコンバージドシステムを安全に検出、徹底的に評価、効率的に修復することでリスクを把握・軽減します。

最も重要度の高い脆弱性に集中する方法

サイバーリスク管理を大幅に改善する方法、つまり攻撃に利用される可能性に基づいて脆弱性を再優先度付けするプロセスについてご説明します

メディアスポンサー

建築・建設業界における最新テクノロジーの活用に特化した建設業界向け専門メディアです。人材不足や技能伝承などの課題の解決や、変わりはじめた建築・都市づくりの在り方に対し、最新テクノロジーの活用を模索する実務者を支援していきます。

施工へのBIM活用に役立つ1冊! 「施工BIM活用の流儀」

建設業界における生産性の向上を目的に、昨今注目が集まっている施工領域へのBIM活用。本コンテンツでは施工BIMの始め方や導入のポイント、そしてステップアップまでを解説します。

東急建設が安全教育にVRを活用する理由

社員の安全教育にVRを積極的に活用している東急建設。同社が自社開発したVRコンテンツの詳細や、VR導入の狙いやメリット、今後の展望について、企画・開発に携わった東急建設 伊藤誠氏へのインタビューをお届けします。