スマートファクトリー EXPO 2018 秋

まずはこちらから参加のお申込をしましょう

スマートファクトリー EXPO 講演一覧

インダストリー4.0やIoTによる製造革新は、大企業や中小企業まで、通信技術面および企業間協力などにおいて「つながる」ことで実現する世界である。ここで目指す「つながる工場(スマートファクトリー)」では、工場内だけでなく工場と工場でつながることで実現する、サプライチェーンも含めた生産の自律化および最適化が必要だ。そのための最新のシステムやテクノロジー、そしてそれにともなう製造・生産現場の変革を追う。

品質保証体制を強化するためのIoT活用 ~良品条件の可視化手法~

製造業において品質問題が常態化しており、日本のものづくりにおけるブランド力が低下しています。 その為、各製造業において品質向上、強化に対する 業務改善を積極的に図っています。 今回はIoTの最新技術を使って、どう品質向上、強化を図るかについて 「収集」「蓄積」「活用」の観点から具体的に解説していきます。
※本講演は、2018/6/8(金)に開催された MONOist 主催セミナー「品質問題を現場の“人”に押し付けないために何ができるのか ~IoT時代だからできる品質向上の実現手法~」の特別講演を収録したものです。


株式会社アムイ
代表取締役
MONOist人気連載
「トヨタ生産方式で考えるIoT活用」筆者
山田 浩貢 氏

日本の製造業が持つべき4つの危機感とは~2018年版ものづくり白書の概要~

デジタル変革の波が襲いかかる中、日本の製造業は変革を迫られている。特に「人材不足」と「付加価値不足」の二重苦を抱える中で、どういう課題感が必要でどういう対策が必要になっているのだろうか。毎年発行している「ものづくり白書」での調査結果などから、日本の製造業が今後乗り越えるべき課題と、対策について、経産省の徳増氏が提言する


経済産業省 製造産業局
参事官(デジタル化・産業システム担当)
(併)ものづくり政策審議室長
徳増 伸二 氏

シルバースポンサー

富士フイルム株式会社

IoT・スマートファクトリーでの消せない設計データや開発データ、ものづくり企業の重要データを、安全に長期保管する最新方法をご紹介!今、製造業で注目される磁気テープを活用したデータ保管方法とは?

大容量化する企業の重要データの保管に磁気テープが最適な理由

AI、IoTやスマートファクトリー等、新技術の裏で、企業は膨大化する重要データをどう安全に低コストに長期保管するか、新たな課題に直面します。最近進化が著しい磁気テープはどんな特徴があるのか、ご紹介します。

磁気テープとHDDの先進的ハイブリッドストレージ

「ファイルサーバがすぐに一杯になり、ディスクの増設を繰り返している」「容量は加速度的に増加するが、重要データは残したい」こんな課題を解決する磁気テープ活用のオンプレミスストレージのご紹介です。

ATENジャパン株式会社

ATENは1979年に設立し、コネクティビティおよび管理ソリューションを専門にしてきました。KVMスイッチでは世界屈指のシェアを誇り、4K対応デジタルサイネージで遠隔操作や映像ソリューションも展開しています。

最新の工場生産管理を支える映像システムをご紹介!

生産管理のスマート化を実現する監視・管理システムに欠かせないKVMスイッチや映像システムの最新情報をご紹介。

導入実績多数!遠隔操作・柔軟なシステム構成を実現

映像の長距離伝送や遠隔操作を柔軟かつ効率的に実現するソリューションをご紹介。

株式会社ウインズ

タブレットを業務で活用するためのアプリやコンテンツの事例をご紹介しています。工場や倉庫の保守・管理業務での活用、お客様に製品やサービスの技術・特長をわかりやすく説明する活用などを資料にまとめました。

生産、技術部門でのタブレット活用事例

点検や記録する作業でタブレットを活用した事例、情報を一元化し二次利用を促進する事例などをご紹介します。

営業、営業管理部門でのタブレット活用事例

商談でお客様の関心を引き出すコンテンツ事例、業務規準を整備して作業標準化に活用した事例などをご紹介します。

株式会社IIJグローバルソリューションズ

IoT導入の企画・導入担当者必見!日本から世界をサポート。安全、簡単、分りやすいIoTサービスをご紹介します。

現在のネットワーク環境に依存しない遠隔保守サービスをご紹介

遠隔保守は、製造現場の多くの課題を解決します。本ブースでは、サービスのご紹介とともに、導入効果、活用事例を動画及びホワイトペーパでご紹介いたします。是非、社内稟議資料としてご活用ください。

世界で使える「IoT通信(SIM)サービス」をご紹介

IIJがISPやクラウド事業者として培ってきたノウハウを元に、世界で利用できるIoT通信環境をご紹介します。

まずはこちらから参加のお申込をしましょう