ITmedia Virtual EXPO 2021 秋
ー 建設業向け ー 国内最大級のバーチャル展示会

Building × IT EXPO 2021 秋

建設業界では、少子高齢化に伴う次世代の担い手確保を筆頭に、2024年に迫る残業規制への対応及び3Kのイメージを払拭する働き方改革、さらに“with/afterコロナ時代”の現場管理、社会変化に適合したる新たな建築空間の在り方など、将来を見据えた取り組みは急務となっています。解決の糸口とされるBIM/CIMやGISといった3次元データをはじめ、IoT、AI、ロボット、XRなどの最新動向や導入成功例には、業界内だけにとどまらず、業種の枠を超えて注目が集まっています。今展では、建築・土木の未来に立ち込める暗雲をテクノロジーで解消する「建設DX」の最前線について、多面的な角度から紹介します。

Building × IT EXPO 講演一覧

※講演情報は順次更新してまいります。

大成建設が設計・施工の先に見据える「BIM×サービス」のデジタルツイン


業界内でも他に先駆けることいち早くBIMに取り組んできた大成建設では、直近の先進的な取り組みとして、竣工後の建物情報をBIMと融合させる統合管理システム「LifeCycleOS」を開発。これまでの設計・施工フェーズでのBIM活用だけではなく、維持・管理・運用段階でのステークホルダー目線でのBIMとのデータベース連携の在り方が注目を集めています。 本講演では、これまでのBIMに対する取り組みと、その先に見据えるサービスソリューションの情報を網羅する「LifeCycleOS」の開発意図や概要をご解説いただき、設計・施工の BIM 連携のその先に描く、施主や施設管理者なども一元的にデータを共有し、ライフサイクル全体をカバーするプラットフォーム構想を講演から探ります。

大成建設株式会社
建築総本部 デジタルプロダクトセンター
BIM・デジタルツイン推進担当課長代理
池上 晃司 氏

日本大学大学院 理工学研究科 建築学を卒業後、2012年に大成建設へ入社。意匠設計部門で勤務し、2017年にBIMなどの先端技術営業へ異動。2018年より現在までデジタルプロダクトセンターでBIM・デジタルツイン推進担当を担い、全社的なBIM活用に取り組んでいる。

建設ICTのトップランナーに聞く、大林組の次なるBIM戦略


大林組は、2009年の“BIM元年”以降、早期の段階からBIM推進に取り組み、「東京スカイツリー」をはじめ、多くの先行実績を上げています。2013年には、BIM推進を担う組織として、建築本部に「PDセンター(現・iPDセンター)」を開設。設計・生産・施工・維持管理で「つながらないBIM」の壁を解消すべく、一貫利用や社内の統一基準、さらに意匠・構造・設備の情報を1つのBIMモデルに集約して共有する「ワンモデルBIM」といった独自の“BIMスタイル”確立に着手し、建築生産プロセスの変革を目指しています。 本講演では、iPDセンターの塩坂靖彦氏に、大林組版のBIMスタイルとはどのようなものか、社内体制の整備やその先のDXに向けた最近の成果なども交えながら、詳説していただきます。

株式会社大林組
本社デジタル推進室 iPDセンター
制作第一部 制作第三課
技術管理部 BIMマネジメント統括課
塩坂 靖彦 氏

スポンサー

※スポンサー情報は順次更新してまいります。

GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社

PlayCanvasは、ブラウザ向けに作られたWebGL/HTML5ゲームエンジンです。ゲームだけでなく、様々なWebコンテンツで活用されています。

開発から公開までブラウザ1つで解決できるソリューション

専用のソフトウェアも必要とせず、ブラウザのみで開発することが可能。建築、展示会、ゲーム、Webなど多種多様の幅広い業界で採用されています。

ブラウザ上でリッチな3D表現を簡単に実現!

WebGLのゲームエンジン「PlayCanvas」により、3DモデルビュワーなどのWebコンテンツが簡単に実装できます。ブースでは3分で3Dモデルビュワーを開発ができますので是非体験ください。

ITmedia Virtual EXPO 2021 秋

本イベントに関するお問い合わせは
下記までご連絡くださいませ。

 


 お問い合わせ先
ITmedia Virtual EXPO 2021 秋 運営事務局
アイティメディア株式会社
E-mail : apply_expo@ml.itmedia.co.jp
 


 

Copyright© 2021 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.